MENU

高齢出産っていつから?

最近仕事で活躍する女性が増えて、結婚や出産は、仕事が落ち着いてからゆっくり…という人も増えてきました。しかし、高齢出産になると、様々なリスクが増えると言われています。

 

でも、高齢出産って何歳からかご存知ですか?高齢出産とは、35歳以上で初めて出産をすること。

 

年齢が上がっていくにつれて、体力や体の機能が低下していくためその分出産におけるリスクが高まると言われています。ここでは高齢出産のリスクなどについて詳しく説明していきます。

 

高齢出産のリスクって?

高齢出産は次のようなリスクが高まると言われています。

 

・難産
人の体は加齢とともに体力や筋力が低下するため、高齢出産の場合
難産になる可能性があります。
また、産後の回復も人によっては時間がかかってしまうことも。
産後は無理をせず、自分の体を労わりながら過ごすことが大切です。

 

・流産
高齢出産が直接的な原因ではありませんが、妊娠初期は特に注意が必要です。
激しい運動はできるだけ避け、生活リズムを整えながら安静に過ごしましょう。

 

・ダウン症候群
ダウン症候群は染色体異常によって起こり、出産年齢が上がるにつれてリスクが高まります。
出産する年齢によって比べてみたところ、20代では0.1%にも満たない発生率ですが、30代後半になると0.3%、
40代では1%の発生率。
ダウン症候群は高齢出産だから必ず起こることではありませんがリスクが高まるのは事実。
しかし、予防することはできないため、偶然起こることなんです。
そのため、この確率の受け止め方は人それぞれ。
最近では妊娠初期の段階で、染色体異常があるかどうかの検査を受けることもできます。

 

・妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)
妊娠後期に起こる高血圧のことです。
悪化すると母子ともに危険になる場合もあるため注意が必要です。
元々高血圧の人はとくに要注意。
ストレスを溜めすぎないことや、薄味の食事を心がけることで改善することもできますが
薬で治療を行う場合もあります。

 

・持病の悪化や合併症
元々太り気味だったり、高血圧、持病がある場合、高齢出産によって
病状の悪化や合併症が起こるリスクが高まります。
高齢出産では、体の免疫作用や体力が低下するため、注意が必要です。

難産やダウン症の子が生まれやすいってほんと?

高齢出産のリスクでもご紹介しましたが、35歳以上で妊娠すると、20代で妊娠するよりも染色体異常のリスクが高まります。しかし、高齢出産だから必ず染色体異常が起こるわけではなく、逆に20代だからといって、染色体異常が必ず起こらないわけではありません。

 

ダウン症は、両親の染色体異常によって起こる場合もありますが、ほとんどは偶然起こるものです。そのため、予防することができません。超音波診断や羊水検査などを受けることもでき、出産前に染色体異常やその他の異常を知ることも可能ですがこれらの検査を受けるのは個人の自由なので、気になる人は検討してみるのもいいかもしれませんね。

 

また、難産も同様に、20代だからといって全ての女性がスムーズに出産できるわけではありません。20代でも30代でも、難産になる場合もありますが、高齢になるにつれて、体力や筋力の低下が起こり、難産になる場合が多いようです。

 

ダウン症予防|葉酸で高齢出産のダウン症確率を軽減!!

 

高齢出産でも大丈夫?

高齢出産は35歳以上からの出産のことを言いますが、実際、30代後半の初産の人はとても多いのが現状です。仕事で活躍している女性や、精神的なゆとりを持って出産をしたいという女性が増えてきたからかもしれませんね。

 

20代で出産するよりも、経済的にも精神的にも余裕を持って出産することができるというのが高齢出産のメリット。高齢出産は様々なリスクも伴いますが、妊娠前からリスクを軽減できるようにしておくのがオススメです。

 

・妊娠前から葉酸を摂取しておく
・体力や筋力をしっかりつけておく
・ストレスや無理な生活をしない

 

体に負担をかけすぎず、体力や筋力をつけておくことで、難産や合併症のリスクを軽減することができます。また、妊娠前から葉酸を摂取して、妊娠しやすい体作りをしておくことも大切です。